人間関係の悩み

占いで解決できる?うまくいかない人間関係

背を向けるペリカン
narichie
narichie
どうして “ あの人 ” って、いつもあーなのかしら?って思うことあるでしょ♪

「 なぜ “ あの人 ” と関係がうまく作れないんだろう?」「 なぜ “ あの人 ” は、いつもあんなことばかり言ってくるんだろう?」

不思議ですよね。

「 もっと、うまくやればいいのに。」「 もっと、相手のこと考えたらいいのに。」

どうして、こんなに気になってしまうんだろう?
今回は、変わらない “ あの人 ” の原因と解決策を探ります!

“ あの人 ” が変われば、人間関係うまくいく?

“ あの人 ” の言葉や行動が気になる理由

「 あなたは、“ あの人の ” どんな言葉や態度が気になりますか?」

ノートに書きだしてもいいですよ~
いっぱいありましたか?

「 今日だって・・・」
「 昨日だって・・・」
「 そういえば、あの時だって・・・」

たくさん、あふれ出てくるかもしれませんね。

「 気になる言葉や、態度は、どこから来るのでしょうか?」

“ あの人 ” の言葉や態度だから、“ あの人 ” が原因と思いますよね。

では、「 誰もがあなたと同じように気になっているのでしょうか?」

~ とある喫茶店での出来事 ~

喫茶店でAさんとBさんがおしゃべりをしています。
すると、
隣の席に、ビジネスバッグを持った男性がやってきました。

男性:
「ったく、疲れたな!」
( カバンをドンッ!グラスをバンッ!と置く )

Aさん:
「 なんで、もっと周りにいる人のこと考えないかなぁ。」
「 もっと気を使わないと、雑な人って思われるのにねぇ。」
「 ちょっとBさん、隣の人どう思う?」

Bさん:
「 何のこと?あぁ、気づかなかった。」

“ 気になる = 反応している自分 ”

相手を監視している自分がいる。

“ あの人 ” の言葉や行動が気になる理由は、“ あの人 ” ではなく、自分にあるのです。

あなたの期待に、応えるか応えないかは相手の自由

良かれと思って、相手にアドバイスしたいこと。
良かれと思って、自分の気持ちを伝えてみた。

アドバイスするのも、自分の気持ちを伝えるのはあなたの自由

ただ、その後の相手の反応に期待をしないこと。

「 期待なんて、してないです!」

わかります、その気持ち。
でも・・・
何ていうのか、にじみ出てしまうのですよ。

無意識に見返りを求めている

これ、相手には伝わります。どちらも無意識かもしれませんが。

「 だって、あの人のためだから。」その思い、本当ですか?

“ 人間関係を良くしたい ” という心理

仲良しなカモ

“ あの人 ” への期待は、自分がして欲しいこと

「 “ あの人 ” のためだから!」
実は、自分がして欲しいこと

厳しい言葉ですが、あの人のためって、“ あなたの妄想の中の自分勝手な思い ”

「 社会人として、最低限のマナーだから指摘してあげた方があの人のため。」
「 私しか伝えてあげられないし。きっとわかってもらえる。」

たくさんありますよね。

本当は、自分がして欲しいことなのに、相手のため、会社のため、彼のため…
( 患者さんのためとか。本当によく聞きます。)

「 素直に、相手が何を望んでいるのか、聞きましたか?」
それを受け止めてから、“ あの人 ” のためを考えればいいのです。

誰もが自分は正しい。正義は自分だけのもの

自分は、普通
自分は、一般的
自分は、常識的
自分は、正しい

み~んな、同じように思っています!

それで、良いのです。みんな “ 自分の物差し ” を持っています。

“ 同じ形の物差し ” はありません

だから、その物差しは自分だけで使ってください。たとえ見えなくても、振りかざせば凶器になりますので。

相手に押し付けず、本当の自分の思いを知ること

自分の本当の気持ちを自分で確かめる方法

「 “ あの人 ” のため。」から、「 私は、こうして欲しい。」に変える!

主語を変えるだけで、自分の本当の気持ちが見えてきます。

「 自分は、こんな風に思っていたんだ!こんな風に感じていたんだ!」

その気づきに、涙が出ることも。
その涙は、心の奥底に隠していた大切なあなたの感情です。

付き合っている彼の言葉や態度が気になってしまう場合
  • 私は、どうされたいのか
  • 私は、どうしてそう思うのか
  • 私は、いつからそう思っていたのか

どんどん掘り下げ、過去に遡りましょう。出来れば、小さな幼少期まで。そうすると、不思議なことが起こります。

占いを受ける前に、知っておくこと

人間関係がうまくいかなくても、大丈夫

「 私は、嫌われたくない。」って気づいたかもしれませんね。

どうして嫌われたくないのか。嫌われたら、どうなるのか。

「 そんなこと考えたくない!」
辛いし、悲しいですよね。でも、掘り下げていく。しっかりと悲しみを味わいながら

そして、「 嫌われても、いっか。私は私。」にたどり着いてくださいね。

そこまで行けると、不思議と “ あの人 ” のことが気にならなくなります。そして、自分もあの人も優しくなってることに気づくと思いますよ♪

人は誰でも価値ある存在ですから。まずは、自分のことを自分で価値ある存在と認めましょう。

自分の課題と相手の課題を分けて考える

“ 他者の期待を満たすために生きてはいけない ”
『 課題の分離 』といえば、アドラー心理学ですね。

まだまだアドラーブーム続いてますね!今すぐ実践できる心理学です。いつでもサクッと振り返れるマンガがオススメ♪

 

占いカウンセリングは、客観的に自分を知る方法

今回の記事は、抽象度が高くてわかりにくかったかもしれません。その時には、わかったような気持ちになるものです。

でも、長年積み重なってきた “ 思いグセ“ はなかなか厄介です。そのため、繰り返し自分と向き合うことが必要になります。

ひとりでは、難しいですよね。だって、本当の想いは心の奥底に隠しているのですから。

こんなあなたにピッタリ。占いは人間関係を解決する気づきの場

  • 人のことが気になって仕方ない
  • 自分を大丈夫と思えない
  • ずっと同じ悩みがあって、解決されない etc.

占いカウンセリングを受けてみたいあなたへ♪

https://www.narichie.com/consultation-menu/

 

追記:
“ 物差し ” 今あまり使われてないような?
えもんかけとハンガーみたいな。
※ ものさしとは、定規のことです♪

 

“ あなたのゴキゲンは、みんなのハッピー♪ ” narichie